資産運用状況 20190707

株/投資信託, 資産運用

先週、米中の貿易戦争に対する緊張感が和らいだため、今週は月曜日から株価が上昇し、中盤には利益確定の売りが見られたものの、後半は再度上昇し、堅調に推移しました。

含み損が大きくなっていた銘柄もだいぶ戻ってきており、個別銘柄の含み損の合計も-7%となり、プラ転の期待も高まります。
「ファーストコーポレーション」「日産自動車」「デザインワン」のウェイトがだいぶ高いため、この辺で一部戻り売りしたいところです。
私としては、あくまでも株を資産として長期的に持つことが目的ですので、戻り売りも戦略の一つとしています。
ナンピンと適度な戻り売りを繰り返すことで「ローツェ」や「トウキョウベース」のような保有していることにストレスを感じない銘を増やしていくことが理想形です。

また、新たに追加購入した銘柄があります。

6164「太陽工機」です。

私の居住地である長岡の企業で、「財務状況良好」「半導体・5G関連」「割安」という基準で選びました。
自宅からわりとすぐ行ける距離のため、さっそく会社のほうを視察(外観ですが)してきました。
山を切り開いた工業団地にあるのですが、工場・設備も新しい様子で、しっかりと設備投資をしているような印象であり、好印象です。

投資している会社を実際に見に行くという行為は初めてでしたのでいい経験でした。
投資した分の金額は「お金」ではなく単なる「数字」と捉えるようにしていますが、スマホやパソコンに表示されるデジタルデータの枠を越えたアナログ的な一面が感じられます。

株主総会の案内は来るのですが、都内まで行くとなると時間や新幹線代がかかるため躊躇しますし、ウェブ中継を見ても空気感はわからないですからね、、、

わずか100株ですが株式投資の面白さを実感できる大きな100株でした。
(初めて株を買った時に経済が大きく動いていることを実感できた感覚に似ていますね)

なんだか投資家として1段階成長した1週間でした。