資産運用状況 20190714

2019年7月22日株/投資信託, 資産運用

今週の資産運用状況の報告です。
先週まではあともう少しで運用総額が中間目標の600万円を達成する目前まで来て、今週は期待していたのですが、期待外れの大幅下落といった結果に、、、、

個別銘柄で比較的多めに持っていた「ファーストコーポ」「デザインワン」の決算発表が思わしくなく、業績の下方修正を行ったことによって株価が大きく下落してしまいました。

この間の「TATERU」で狼狽売りを行ってしまったので、今回こそは方針通りに正面からダメージを受け切りました。個別株への投資を続けてメンタルもだいぶ強くなってきています(笑)

「ファーストコーポ」がここまで下がるのは想定外ですが、「デザインワン」については200円台は過去に何度か経験していましたので、思ったよりインパクトは少なかったと思います。
もともと今回の発表を織り込んでいるような株価ですからね(笑)

ただ、問題なのはどこで切り返すかですね。

「ファーストコーポ」…中期営業計画Innovation2019(3ヶ年計画)の策定
〇用地交渉長期化や競争激化が減収減益の要因
〇首都圏のマンション需要は横ばいの予想
〇創業以来初の減収・減益
→競争激化の中でどの程度のシェアを維持し続けられるかが業績回復へのカギですかね。何よりもここの会社は非常に真面目に資料を作る会社だなという印象があり、とても好きです。減収・減益も初ですし、このような紳士的な会社であればPDCAサイクルも確実に回していけるので、十分に回復は可能と見ています。

「デザインワン」
〇エキテン有料会員数の減少が減収減益の要因
〇無料会員数は順調に増加
→主力のエキテンが苦戦中ですので、サービスの見直しを行うことが必要かと。ただ、無料会員数は順調に増えていますので、その辺のコモディティを活かすことで新規サービスを構築することも可能と見ています。どちらにしろ、すぐに成果を出せるような状態ではないため、しばらくは苦戦が続く可能性が高いですね。
割安ですので、長丁場であっても安くなった場合に買い増しを続ける予定です。